賃貸物件を上手に活用して快適な暮らしを~チンタイをしタイ~

マンション

初めにかかる費用

初期費用の敷金について

マンション

賃貸契約を締結するときには、初期費用として何種類かのお金がかかります。敷金や礼金、仲介手数料、前家賃、火災保険料、保証会社に支払うお金などがかかります。その中でも敷金とは礼金と同じく賃貸契約時に家賃の1か月から2ヶ月分程度支払うお金です。何に使われるお金かというと家賃の滞納をしてしまったときに、退去時に敷金から精算されます。そして何か設備を壊してしまった時の損害賠償費用、また部屋を退去するときに次に住む人が気持ちよく入居することができるように原状回復費用として敷金から使われます。退去時にこれらの費用が敷金から使われて、余ったお金ですが退去後約1ヶ月程度で銀行口座に振り込みで返還されるお金が敷金になります。

敷金の注意点について

退去時トラブルとなることでもっとも多いのが敷金になります。敷金は賃貸契約時に初期費用として支払うものですが、使われるのは退去時になります。家賃の滞納がなければその分は引かれず原状回復に使われるだけです。その使われ方に問題があるのです。賃貸契約期間中の畳のすりきれや壁紙の色の変化などは経年劣化ですので、借主の敷金から負担ではなく貸主の家主の負担となります。ですが、原状回復はすべて借主の負担となるケースもありそこで裁判に発展してしまうこともしばしばあります。注意点としては、入居時に部屋の写真を撮影しておくことです。そうすることで、退去時に何かトラブルがあったときの証拠となりますので、トラブルのないようにします。